和歌山みなみこども劇場は
子どもたちがちゃんと育つ地域を、他人のことを思いやれるひとの輪を広げたいと考えています。

 

心に栄養は必要…
素晴らしいものを見たり、聞いたり、感じたりする感性を磨くこと!
年齢の違う仲間とともに一から自分の手で創り上げ、夢をカタチにする!
そして、子どもの周りにいる大人の愛情たっぷりの眼差しは、多ければ多いほど子どもの生きる力は溢れていきます。

子ども劇場は…
舞台鑑賞、舞台劇、人形劇、音楽、芸能など洗練されたプロの味をライブで楽しみます。
創造体験、子どもまつり、デイキャンプ、高学年キャンプ、ハイキングなど自分たちでやりたいことを計画し実現していきます。


子どもたちが、
 とびっきりの子ども時代を過ごせるよう、
 子どもも大人も成長できる体験の場を大切に活動していきます。


演劇鑑賞例会の感想

■高学年合同例会
 ちゃんぷるー 日本児童青少年劇団共同組合
2019年3月20日(水)
開演18:30~
◆和歌山市民会館市民ホール 
感想
■会場の真ん中が客席で、周りが舞台というのが斬新でした。演じる場所が移動したり、演者が走ることで躍動感が生まれ魅き込まれました。ただ過去にタイムスリップするのではなく、ひめゆり学徒の少女が現代の修学旅行を体験できた事に物語の優しさを感じました。と同時に、戦争の悲惨さが際立ち、改めて平和の尊さをかみしめた舞台でした。
■よくわからないかも‥(幽霊苦手やし)と思っていましたが、中高生の頃って、今思えば、小さいことでも何日も悩んだり、「もうどうでもいいや」って思うことがあったな‥と。
新しい形の伝え方に、自分の感動の仕方にも新しいものを感じました。

■幼・低学年合同例会
 カボとピノ 人形劇団ココン
2019年2月9日(土)
開演14:30~
◆和歌山市民会館 市民ホール 
感想
■音楽がすてきでした。優しい世界かんに心がほぐれ、お話の中に引き込まれました。
■あれ、どんなにして動かしているの?
■幻想的で癒されました。ユーモアがあって、思っていたのと違って面白かったです。子どもも刺激を受けていたようです。
■カボとピノが、お魚釣っているところが楽しかった。助けようして、大きな魚が出てきた驚いた。
■へびがくるくるして、カラフルな鳥も面白かった。
■1歳4ヶ月の娘がはらペこプー全部に興奮して指差し、叫び、楽しんでいたので、母は大満足です。
■長男次男も慣れた場所なので、2人仲良く鑑賞できるようになり、安心して参加させていただいております。

■高学年特別例会
 松元ヒロソロライブ
2019年1月14日(月祝)
開演14:00~
◆県民文化会館 小ホール 
感想
■毎年この日を楽しみにしています。笑えるだけでなく、心震えるステージ。今年も健在というよりさらにグレードアップ。本当にありがとうございました。
■日頃ぼんやりと感じている問題や違和感や憤りも、ヒロさんの手にかかれば笑いのフィルターを通して実感することができる。そしてそれを共有(場の雰囲気で)することのできるとても大切な時間だなと思います。
■巧みな話芸とパントマイムでずっと舞台の松元さんに釘付けでした。生き延びた特攻隊員の話、コスタリカやルーマニアの話は民主主義と平和を守り続ける個々の使命を呼び覚ましてくれました。
■ヒロさんの話は、きちんと調べてありライブ内容はきちんと勉強されている。一同同感です。



 
 かるちゃあ毎週金曜日やっています

 

ママたちの手作りクラブです。木工やビーズ、手作り絵本など、皆さんの要望により、いろいろ楽しみながら作っています。(毎週金曜日10:30〜)事務局にて

 


 

次回例会 低学年 
「すてきな三にんぐみ」
 
 2019年6月1日(土)

 

和歌山市民会館 市民ホール 午後14:00~15:00


 

次回例会 高学年 
「モテたい症候群」
 
 2019年6月23日(日)

 

あいあいセンター 多目的ホール 午後14:00開演


★会員募集中!
あなたも『わくわくどきどき』を子どもといっしょに感じませんか?
ちびっこから大学生までの子育てに奮闘している仲間がいっぱい!!
ともに育ちあいましょう。

 事務局連絡先 :    073−444−1717

   開局時間 :        火・水・金 13:00 ~

                                                  16:00
  メールアドレス:hah17910@ams.odn.ne.jp



アーカイブス